コラム

 公開日: 2017-12-14  最終更新日: 2018-01-27

事業内職業能力開発計画の作成

労働力人口が減少し、採用も難しくなっている昨今、
①既存社員の定着率を高めたり、②モチベーションUPを図ることで、
生産性を高めて対応することが考えれています。

その第一歩として、私の専門でもある企業内キャリアコンサルティングの実施をご紹介していますが、
こうした気づきを促した後に、具体的なスキルアップのための社員教育なども考えられるかと思います。


実は、人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)の申請時にも添付を求められますが、「事業内職業能力開発計画」というものがあります。

事業内職業能力開発計画の趣旨


中央職業能力開発協会のキャリア形成支援サイトにも詳しく紹介されていますが、
雇用する労働者の職業能力の開発および向上を段階的かつ体系的に行うために事業主が作成する計画です。

あまり知られていませんが、この計画作成は、「職業能力開発促進法」に基づき、事業主の努力義務にもなっています。
一見すると、事業主の負担のようにも思われますが、従業員のスキルアップは企業の発展につながるという考えです。

事業内職業能力開発計画の作成例


計画の作成にあたって決まった様式や記載内容の定めといったものはありませんが、会社の独自性が表現され、従業員に正しく伝わるものが望ましいと言われています。
とはいえ、ゼロから考えるのも大変ですので、以下のような構成方法など詳しく紹介されている事業内職業能力開発計画の作成の手引きも参考にされるといいかと思います。

(1)経営理念・経営方針
(2)人材育成方針・目標
(3)雇用管理方針
(4)職務要件・職務評価基準
(5)キャリアマップ(個人別職務評価)
(6)教育訓練体系図
(7)教育訓練計画
(8)教育訓練カリキュラム


私も自社の助成金申請時に作成したこともありますので、アドバイスもさせて頂けますが、
他には社労士さんとか、徳島では、徳島職業能力開発サービスセンターが公的な支援窓口になっています。


企業の活性化のため、ぜひ有効活用頂ければと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社アステート [ホームページ]

キャリアコンサルタント 福山研一

徳島県徳島市昭和町6丁目11番地2 [地図]
TEL:088-655-8011

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
福山研一 ふくやまけんいち

企業の課題や可能性を見極め、適切なキャリア支援を実施(1/3)

 技術革新やグローバル化、少子高齢化の進展など、日本の企業を取り巻く環境は大きく変化しています。今後の厳しい競争の中で企業が生き残るためには、優秀な人材の確保が不可欠。しかし、最近では景気回復の影響もあって売り手市場が続き、思うように人材が...

福山研一プロに相談してみよう!

四国放送 マイベストプロ

企業と求職者それぞれの視点を活かしたキャリア支援を実施

会社名 : 株式会社アステート
住所 : 徳島県徳島市昭和町6丁目11番地2 [地図]
TEL : 088-655-8011

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-655-8011

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福山研一(ふくやまけんいち)

株式会社アステート

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
セルフ・キャリアドックで会社を元気に

平成30年度に入り、厚生労働省の企業に対するキャリア形成支援の施策も変化が見られます。人材開発支援助成...

キャリアコンサルタント登録者の活動状況

労働政策研究・研修機構のHPで、労働政策研究報告No.200として、キャリアコンサルタント登録者の活動状況等に...

平成30年度の人材開発支援助成金

平成29年度もあとわずかになり、平成30年度からの諸制度の動向が気になる頃ですが、このコラムでもご紹介した「人...

ジョブ・カードの活用

企業内で従業員の方に定期的なキャリアコンサルティングを実施する場合、セルフ・キャリアドック制度として...

「セルフ・キャリアドック」導入の方針と展開
イメージ

セルフ・キャリアドックとは、企業がその人材育成ビジョン・方針に基づき、キャリアコンサルティング面談と多...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ