コラム

 公開日: 2017-01-23 

終活のやり方、具体的に準備すること

「自分の人生をどのように終えるか」ということについて考え、死後に家族や友人に迷惑をかけないための準備として行う終活。

しかし、いざ終活をしようと思っても、具体的に何から初めてよいのかわからないといった方も多いのではないでしょうか?

終活といっても老後資金のことから医療や介護、死後に関することなど幅広くありますが、ここでは特にエンディングプランについてご説明します。

お葬式やお墓を決める

生きている間に自分のお葬式やお墓について考えるということは、気分のいいものではないかもしれません。

しかしこれを考えることは、誰のものでもない「自分の人生の終着点をどのように迎えるか」ということを自分で決められるとても貴重な機会であり、残された家族の負担を軽減するという意味でも「やっておくことに意義があること」と言えます。

どういった形のお葬式をしたいのか?
そしてお墓や供養は、自分や家族にとってどういった形にすることが一番良いのかをじっくりと考え、決めていきます。時にはご家族に相談をすることも必要でしょう。

財産、相続をまとめる

自分が亡くなった後、自分の財産をどのように相続に引き継いでいくのかを決めておくことも終活の重要なポイントとなります。

財産分与をしっかりと決めておかなかったことで、残された家族が相続税で苦労したり、相続トラブルを起こしたとなっては、財産を残す意味がありません。

自分の意志を記すエンディングノート

終活のひとつとしてエンディングノートを書くという作業があります。

今は市販でたくさんのエンディングノートが販売されています。しかし書こうとされた方のほとんどが途中で辞めてしまうというのが現状です。その理由は、経験したことがないから未来のイメージができない、決断することができない。もしくは、財産や法律に関する知識がないためどのように問題解決すれば良いかがわからない。といった事柄です。

終活を行う上で、自分の思い、希望を形に残すエンディングノートはとても大切な存在です。エンディングノートは、専門家に相談しながら書くことをおすすめします。

この記事を書いたプロ

税理士法人 徳島 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 尾崎大

徳島県徳島市昭和町8丁目46-20 [地図]
TEL:088-679-6734

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
過去の主なセミナー実績
イメージ

各種セミナー講師承ります。今まで延べ人数1,000人を超える方々よりセミナーにご参加頂いております。講師料は営業の目的や、営利か非営利かなどによって異なり...

メディア掲載
イメージ

徳島人 平成27年1月号に掲載されました!

 
このプロの紹介記事
尾崎 大(おざき・だい)さん

相続を経験しているからこそできる、親身に寄り添ったサポート(1/3)

尾崎さんが所属する『税理士法人 徳島』は、徳島県庁より南に自動車で約3分ほどの好立地にあります。ファイナンシャルプランナーとして活動する尾崎さんは、同事務所7名の税理士の他、連携先の弁護士や司法書士とも協力して、日常生活で起こる様々なお金に...

尾崎大プロに相談してみよう!

四国放送 マイベストプロ

相続セミナーは延べ人数1,000人を越える実績

会社名 : 税理士法人 徳島
住所 : 徳島県徳島市昭和町8丁目46-20 [地図]
TEL : 088-679-6734

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-679-6734

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

尾崎大(おざきだい)

税理士法人 徳島

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不動産の相続税の計算の仕方と相続対策

被相続人が基礎控除を越える財産を残す場合、相続税がかかります。この時の計算の仕方ですが、現金は誰が見て...

[ 不動産で相続対策 ]

「申告が必要!」相続税を軽減できる配偶者の軽減と小規模宅地の特例

例えば自宅の土地と建物を相続した場合、相続税を支払うために土地・建物を売却しなければならないといったケース...

[ 相続税 ]

前年比183%アップ!相続税の仕組みとは

家族などが亡くなってしまうことで遺産を相続する場合、相続税はどのような仕組みになっているのでしょうか?今...

[ 相続税 ]

遺言は必ず専門家と一緒に公正証書で

遺言書といって多くの方が真っ先に思い浮かべるのは、自分で書いたもの、つまりは「自筆証書遺言」ではないでしょ...

[ 遺言 ]

遺言の効力と遺言書の種類

遺言は、自分の死後に相続人が遺産分割でトラブルを起こさないために書くといった意味もありますが、それ以上に自...

[ 遺言 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ