コラム

 公開日: 2018-07-08 

原因不明の肩こり・頭痛…実は「猫背」が原因かも?

特に思い当たる理由がないのに肩こりや頭痛に悩む人は、猫背が原因かもしれません。
日本人の多くは正しい姿勢が崩れて「猫背」とよばれる悪い姿勢になっています。
ここでは猫背がどんな姿勢か、そして肩こりや頭痛の原因となっている理由やその直し方について紹介します。

あなたは「猫背」? セルフチェックの方法

猫背とは、姿勢が前かがみになり、顔が前に付き出て背中が丸くなっている状態のことを言います。
自分が猫背かどうかは、壁に頭、背中、お尻、かかとをつけて立った時、頭かおしりが壁から離れている方が楽だなと思うなら猫背の可能性が高くなります。

猫背は、デスクワークを毎日長時間している人や、スマートフォンを長時間操作している人に多く見られます。
その理由はどちらも姿勢が前かがみになりやすいからで、猫背状態が続くと腹筋や背筋が衰えて猫背がくせとなり、正しい姿勢に戻らなくなってしまいます。

猫背はその人の姿勢や外観の印象を悪くするだけでなく、やがて様々な体調不良の原因にもなります。

猫背が肩こりや頭痛の原因に? その関係は?

猫背で前かがみになると、肩甲骨は前に出るので周辺の筋肉や肩関節に負担がかかるようになります。
肩から首にかけての筋肉は常に緊張し、血液の流れが悪くなり、疲れがたまるようになります。
このようにして猫背の人は肩こりになりやすいと考えられています。

筋肉に疲れがたまる以外に、猫背の人は呼吸も浅くなるので、血液中の酸素が全身にいき渡りにくくなります。
酸素が筋肉に届かないと、疲労がたまったままになり肩こりが悪化しやすくなります。

猫背の人は、肩こりだけでなく頭痛に悩む人も多いのですが、これは肩周辺の筋肉が後頭部につながっているからで、肩こりが悪化することで後頭部の筋肉にまで緊張が広がり痛みを感じるようになります。

猫背が習慣化してしまうと肩こりや頭痛も慢性化し、いつもなんとなくだるい、疲れがとれないというような体調不良が続くようになります。
そして猫背はお腹や腕の筋肉も衰えさせてしまうため、中年以降に多いと言われているポッコリお腹や脂肪がついた二の腕も、だんだんと目立つようになってきます。

自分でできる猫背対策

猫背は自分の生活習慣が原因となって作り出したものなので、日常生活で猫背にならないよう正しい姿勢で過ごすよう心がけ、猫背で固まってしまった筋肉をほぐすストレッチをしたり、衰えた筋力をスポーツや筋トレで強化しましょう。

日常生活の中でできる猫背対策を紹介します。

① 正しい姿勢
立ち姿勢・座り姿勢の両方とも、顎が出ていないか、両肩が前に巻き込んだように出ていないか、背中が丸まっていないかをチェック

② デスクワークで気を付けたい椅子や机の位置
1.腰、膝を90度に曲げて足裏全体が床につくように椅子の高さを合わせる
2.仕事中は両腕が支えられるよう、肘が置ける机か椅子を使う
3.ディスプレイは目線より下向き、40㎝以上の間隔を開ける

③ ストレッチ
猫背解消のためには、正しい姿勢にリセットする筋肉のストレッチが効果的です。
ポイントは、背中とお腹の筋肉です。

●椅子に座ったままでもできる猫背解消ストレッチ
1.椅子に座り、上から引っ張り上げられているイメージで、両腕をまっすぐ上に伸ばす
2.肘を曲げずにまっすぐ5秒間伸ばした状態をキープ
3.両腕を伸ばしたまま回すようにおろして、太ももの上におく
4.肩の力を抜いて5秒キープ

●寝たままでOKの猫背解消ストレッチ
1.バスタオルを2枚用意します。厚みのあるタオルがおすすめです。
  2枚重ねて、しっかりと筒状に丸めます。
  ※ストレッチポールをお持ちの方はそちらをご利用ください。
2.丸めたタオルを床に置いて、その上に仰向けで縦に乗ります。
3.そのまま、大の字になって全身の力を抜きます。ゆっくり呼吸します。
  この状態を5分間程度キープします。

このストレッチの効果は、胸はもちろん、頭、首、肩、背中、腰の筋肉が自分の体重で優しくストレッチされることです。後頭部、背中、腰の各1点がツールと接することになり、これにより正しい軸の意識が作られます。

④ 運動
猫背を治そうとしても、腹筋・背筋の力が弱いと、長時間背中をまっすぐ維持することができません。正しい姿勢をキープできる筋力がついてこそ猫背が根本的に解消されるといえます。
猫背解消には、水泳、ヨガなど肩甲骨周辺をよく動かすスポーツがおすすめです。
疲れがたまって固くなってしまった背中や首、肩の筋肉をほぐしながら、鍛えていきましょう。定期的に筋肉を動かすことにより、体全体の血液循環がアップするため、肩こりや頭痛の症状緩和にもなります。

●腹筋・背筋を鍛える筋トレ
1.うつ伏せに寝て足のつま先を床に立てる
2.両手のひらを耳の横付近において、上体を起こし5秒間キープ
3.ゆっくり戻して5回繰り返す
4.両手を肩の横に置いて、手をつかずに背筋を使って5秒かけて状態を起こす
5.ゆっくり戻して10回繰り返す

整骨院で受ける猫背矯正


自分で行う猫背対策だけでは、効果を十分に感じられないかもしれません。そんなときはプロが行う猫背矯正を受けることをおすすめします。

一般的に、猫背矯正は整骨院をはじめ整体院やリラクゼーションサロンなどでも行なわれており、様々な違いがあります。
最も大きな違いは、施術者が国家資格を持っているかどうかという点です。
たとえば柔道整復師は骨・関節・筋・靭帯などに発生する骨折や脱臼、打撲や捻挫の治療もできる「プロ」です。養成課程のある学校で3年以上学んでカリキュラムを修得し、解剖学・生理学・運動学・病理学・整形外科学……など、幅広い知識を問われる国家試験に合格しなければ取得することのできない「国家資格」です。
まずは安心して施術をうけられるところを選びましょう。

プロが行う猫背矯正は、自分自身では気がつかない背骨や骨盤のゆがみを見つけて矯正してくれます。
骨に直接アプローチしてその歪みを矯正してくれるもので、施術を受けると固くなった筋肉の緊張もほぐれるため、体調が良くなります。
これらの施術は、1回受けただけでも改善は見られますが、多くの方はすぐに骨の歪みが元に戻ってしまうため肩こりや頭痛の症状が再発してしまいます。

骨の歪みは定期的に矯正の施術を受けて徐々に直していくものです。
自分で行う猫背矯正や生活習慣改善と合わせて受けることで、効果を高めていくことができます。

猫背を矯正すると骨や筋肉が正しい姿勢に戻るので、自分の姿も美しく見えるようになります。
背筋が伸びて体の外観が変わると、それに合わせて自分自身の内面もポジティブに生まれ変わることができるかもしれません。

猫背を矯正して、心身ともに明るく元気に毎日を過ごしましょう。

この記事を書いたプロ

金ちょう整骨院 [ホームページ]

柔道整復師 濱口琢也

徳島県小松島市小松島町新港35-12 [地図]
TEL:0885-38-6655

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
姿勢矯正のプロ 	濱口琢也さん

健康の秘訣は骨格矯正と筋力にあり(1/3)

 肩や腰など、様々な体の痛みによって日常の家事、好きなスポーツなどができないという悩みを抱えている人は少なくないはず。小松島市で『金ちょう整骨院』を営む濱口先生は、そんな悩みを抱える人をこれまで多く治療してきました。 「病院や整骨院は、...

濱口琢也プロに相談してみよう!

四国放送 マイベストプロ

スポーツ活法由来の骨格矯正で、痛みの原因から治療していきます

医院名 : 金ちょう整骨院
住所 : 徳島県小松島市小松島町新港35-12 [地図]
TEL : 0885-38-6655

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0885-38-6655

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

濱口琢也(はまぐちたくや)

金ちょう整骨院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
産後の腰痛!骨盤矯正で
イメージ

産後に腰痛が起こりやすい理由を説明するとともに、その対策を紹介します。産後は、育児や家事もこなす忙しい生...

[ 骨盤矯正 ]

ぎっくり腰の再発予防に「骨盤矯正」は効果があるのか?
イメージ

ぎっくり腰は「腰椎捻挫」や「急性腰痛」などと呼ばれています。ちょっとした動作がきっかけで腰に負担がかかり...

[ 骨盤矯正 ]

腰痛・腹部肥満を引き起こす「反り腰」とは?原因と改善方法
イメージ

「反り腰」とは、骨盤が前に倒れてお腹や腰が前に突き出すような姿勢になってしまうことを言います。特に中年以...

[ 骨盤矯正 ]

四十肩・五十肩を予防・改善する、「猫背矯正」の効果
イメージ

猫背になると、肩こりだけでなくさまざまな体調不良にも悩まされるようになります。特に中年以降に多い、「四...

[ 猫背矯正 ]

猫背は治る!よくある悪習慣と改善方法
イメージ

猫背はどのような状態か、猫背を引き起こす悪い生活習慣と自分でできるエクササイズの方法をいくつか紹介します...

[ 猫背矯正 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ