コラム

 公開日: 2017-08-09 

日本の断熱はなぜ遅れているのか

日本は四季のある国です。
季節の移ろいを温度や風、草木、虫の音で感じる、実に風流な国民性です。このような文化を持ち合わせているために、日本の住宅は近年まで外と内の境界があいまいな家が一般的でした。
縁側などはその最たるものですが、実物が家にあるという方は珍しく、ホテルや宿で出会うことが大半だと思います。和風建築の宿に泊まると心がほっとあったまりますが、今ではそのような家づくりを行うと省エネ等級が低いというデメリットがあると考えられています。
事実、日本は断熱と気密という観点から見れば後進国です。それも何十年と言われ続けているのに再起まで改善されていませんでした。

日本は欧州に比べて断熱の面で遅れているとお話すると「向こうの寒さは日本とは違うから」というお声を聞きます。
では、日本の断熱は中国や韓国に負けていると言えばどう感じられますか。同じアジア諸国で日本の方が遅れていると聞くと驚きますよね。
なぜ、日本はこんなにも遅れをとっているのか。
最大の理由は昔から木材信仰の強かった国民性にあります。
樹脂サッシが受け入れられるようになったのもここ数年で今でも、樹脂はおもちゃみたいで抵抗があるという方は少なくありません。欧米では結露は住宅の瑕疵であり軽微な欠陥住宅扱いされるようですから、冬場に結露を吹いている日本人の姿には驚かれるかも知れません。

さて、窓からの熱の流入、損失は住宅全体の6割と言われていますが、断熱や隙間をおざなりにしますと、光熱費が跳ね返ってきます。穴の置いたバケツでは水が汲めないように、そんなに高性能な断熱設備や省エネ家電、太陽光をのせても、外気の流入があれば台無しです。

そこで私は、アルミと樹脂のハイブリッドサッシや特許断熱、高気密を標準化した住宅の普及推進することにしました。最近はほとんどの方がZEH、省エネ住宅を希望されています。少しでも省エネで次世代な住宅が徳島県に増えてほしいと願うばかりです。

この記事を書いたプロ

有限会社まもる建設 [ホームページ]

一級建築士 佐藤守

徳島県阿南市津乃峰町長浜118-3 [地図]
TEL:0884-27-1213

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
安全・安心の住まいを形にするプロ 佐藤守さん

家づくりにおける本当の“安心・安全”を提案。(1/3)

 “家族が幸せになるため”の家づくりを最大の目的としながら、独自の高品位住宅を提案する「まもる建設」。高品位とは、デザイン性と機能性を兼ね備えた住まいのことを指します。 「よく“デザインする”という言葉が使われますが、日本では見た目のこ...

佐藤守プロに相談してみよう!

四国放送 マイベストプロ

デザイン、性能、価格の3つを兼ね備えた家づくりをご提案します

会社名 : 有限会社まもる建設
住所 : 徳島県阿南市津乃峰町長浜118-3 [地図]
TEL : 0884-27-1213

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0884-27-1213

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤守(さとうまもる)

有限会社まもる建設

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
その住宅ローン、本当に大丈夫?

住宅ローンの相談を受けると、変動金利を選ぼうとする方が多いことに驚かされます。もちろん、経済状況を見た場...

[ 家とお金のお話 ]

最高の営業マンに出会うために

当社へお家を建てたいとご来店される方は、ほとんどの方が初めての家づくりです。初めて何かをしようとすると...

[ 家とお金のお話 ]

家づくり計画は家族全員で始めましょう

お家は形あるものです。形あるものには税金がかかってきます。例えば鉛筆一つ買うのにも消費税がかかってくる...

[ 家とお金のお話 ]

どうしてバランス型住宅なのか

家は何で選びますか。デザインですか。性能ですか。金額ですか。お施主様ごとにこだわりや自分なりの基準を...

[ バランス型住宅の建て方・住み方 ]

地震大国日本での家づくり
イメージ

皆さん、耐震等級というワードを聞いたことはありますか。ここ数年でニュースに連日取り上げられるほどの大き...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ