コラム

 公開日: 2014-11-11 

子供とのコミュニケーションで自主自立の学習姿勢を育む

泰成ゼミナールが掲げる重要なテーマのひとつに、
「自主自立の学習姿勢」があります。

泰成ゼミナールではお子様の「自立した学習姿勢」を育むために、
さまざまな手法を駆使して指導を行います。

ただ、家庭教育の影響は非常に大きいため、
今回は自立した学習姿勢を育むために、
家庭教育での注意点を挙げたいと思います。

ここでは、何よりも事例から、
親が感じて、学ぶ方が早いので
フレーズを紹介いたします。

◆子供が外から自宅へ戻ったシーン

(1)親「風邪ひくといけないから、ちゃんと手を洗って、うがいをしてね」

(2)親「タオルを出しておいたから、うがいが済んだらそれを使ってね」


自立した子へ向かわせるためには、当然ですが、
大人扱いをする必要があります。(※お子様の状況や年齢にもよります)


(1)(2)では、どちらが大人扱いをしているでしょう?
当然、(2)になりますね。こんなちょっとした所から
お子様への家庭教育はある方向性をもって進んでいることを
少しでもお伝えできれば幸いに思います。

学ぶ側にとっては、言われる事をただやるだけでは
面白みを感じなくなってきます。

想像力に創造力、具体化に達成感。

これらをいつでも自在に使いこなせる自立学習力を育むためにも
ちょっとした家庭内コミュニケーションに注意を払ってもらえたらと思います。

この記事を書いたプロ

泰成ゼミナール [ホームページ]

塾講師 三田村泰希

徳島県徳島市八百屋町3-15 サンコーポ徳島ビル2F [地図]
TEL:088-677-9266

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
留学センター
イメージ

"留学はもう特別なことじゃない"現在では留学をする生徒がどんどん増えていっています。長期の語学留学はもちろんですが、短期での留学も人生での大きな経験にな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
三田村 泰希(みたむら・たいき)さん

「自立型学習」で、自分で壁を乗り越える力を(1/3)

 受験合格のみを目的とした予備校や塾が増える中、徳島駅前に革新的な学習塾「泰成ゼミナール」が誕生しました。子どもたちの「やる気」や「壁を乗り越える力」を育てるため、塾長自らが一人ひとりの指導にあたっています。「個人経営の塾だからこそ、責任を...

三田村泰希プロに相談してみよう!

四国放送 マイベストプロ

自立学習型の指導により、学習意欲を高め本当の学力を鍛えます。

会社名 : 泰成ゼミナール
住所 : 徳島県徳島市八百屋町3-15 サンコーポ徳島ビル2F [地図]
TEL : 088-677-9266

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-677-9266

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三田村泰希(みたむらたいき)

泰成ゼミナール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子供の学習に対するやる気があがりました!

うちの子は泰成ゼミナールで勉強するようになってから、自分...

E・A
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(15

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
意味のある・内容の濃い夏期講習にするには

さて、今年も夏休みになると夏期講習が始まります。(期間:7/20~8/30)春期、冬期講習とは違い、夏期講習は...

[ 特別講習 ]

徳島で留学をお考えの方へ!~夏の短期留学のご案内~
イメージ

徳島で留学をお考えの方は、ISC徳島留学センターへ!学生留学、親子留学なども可!まずはお気軽にご...

徳島で留学するならISC徳島留学センター

『ISC徳島留学センターはここが違う』■教育の観点から進路支援としての留学を提案します私達は単純な手続...

成績アップのための3つの条件

①毎日の学習習慣をつける成績を上げる、学力を上げるために最も大事なことはトレーニングです。先生から授業を受...

時間自由な個別対応で誰でも繰り返し学習を可能に!

泰成ゼミナールの特長の一つに「通い放題(定額制)」の塾であることが挙げられます。毎日学習できる環境を提供す...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ