コラム

 公開日: 2017-10-21 

農地の一括贈与はリスクが高い

農地を一括贈与し、贈与税の猶予を受けた農地を売却したいとの相談

バブルで地価が高いときに贈与を受けた農地を売却したいとの相談があった。どうにかならないかと、詳しい税理士さんに聞いたところ、とてもリスクの高い制度だということが分かり勉強になった。
リスクは以下のとおり
1、贈与税の免除が確定されるのは、贈与者または受贈者の死亡なので、長期に地価変動のリスクを負う
2、面積の20%を上限として、猶予された贈与税と利子を支払えば売却可能だが地価が大幅に下がると売却しても税金がまかなえないことがおこる
3、夫婦間や養親子間だと、離婚や離縁ができなくなる。(高い贈与税を払えばよいが)
4、すべての農地を買い換えることはできるが、納税猶予は解除されない
5、高額に買い取ってくれる話があって贈与税も利子も支払えたとしても、高額な譲渡所得税が翌年にくる
6、贈与者に相続が発生したら、相続財産に入れて相続税を計算することとなる。(相続税の納税猶予を受けるとまた売れなくなる)

なんとも、難しい制度なので、よくメリット、デメリットを理解して行わないとトラブルになる。

夫婦間での一括贈与するなら、離婚してから、財産分与という方法があったのではと思うが、税務署はまけてくれるかは税理士さんに今度きいてみたいと思いました。

この記事を書いたプロ

司法書士法人 小笠原合同事務所 [ホームページ]

司法書士 小笠原哲二

徳島県徳島市東大工町1-19 [地図]
TEL:0120-120-993

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
小笠原 哲二(おがさわら・てつじ)さん

手続きだけでなく“相談できる”司法書士(1/3)

昼夜を問わず、多くの車が行き交う国道438号線。その道沿いに建つビルで、事務所を構えているのが司法書士であり、行政書士・ファイナンシャルプランナーでもある小笠原さんです。司法書士という職業は多くの人にとって馴染みの薄い存在かもしれませんが、...

小笠原哲二プロに相談してみよう!

四国放送 マイベストプロ

銀行業務やFPの知識も活用し、お金や経営に関するアドバイスも

会社名 : 司法書士法人 小笠原合同事務所
住所 : 徳島県徳島市東大工町1-19 [地図]
TEL : 0120-120-993

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-120-993

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小笠原哲二(おがさわらてつじ)

司法書士法人 小笠原合同事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
子供がいない夫婦でも配偶者がすべて相続するとは限らない!?

夫婦に子供がない場合の相続では、亡くなった人の配偶者がすべての財産を相続できるのでしょうか?亡くなった...

[ 相続の基本 ]

法定相続人の中に障害者がいる場合の相続について

相続人となるその人に、判断能力が不十分で意志決定をすることが難しい障害や病気がある場合、その相続人を守る制...

[ 相続の基本 ]

相続できる人と相続の順番

遺産相続では、相続できる人に順番があります。民法が定めている人を法定相続人と呼びますが、どういった人が相続...

[ 相続の基本 ]

遺言信託で信託銀行を利用する場合のメリット・デメリット

自分の遺産の分配をとりきめた遺言書の作成と、その保管および相続開始時の遺言執行のサービスがセットとなってい...

[ 遺言信託 ]

遺言信託を行う際に銀行以外の依頼先はある?

遺言信託の依頼先は信託銀行だけではありません。弁護士、司法書士に依頼することもできます。遺産相続について...

[ 遺言信託 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ