コラム一覧

1件~15件(21件)

過去の15件

名古屋帯か袋帯か?

イメージ

秋は着物を着るのにピッタリな季節ですね!気候も良いし、文化的なイベントも多いので、ぜひ着物でお出かけをしていただきたいものです!普段は紬や木綿などを着ることの多い私ですが、この秋はやわらかモノを着る機会がいつになく多くなっており、とろ~んとした絹のとろみ感にうっと... 続きを読む

コーディネート

2016-11-05

季節感のある色

イメージ

天高く馬肥ゆる秋、気がつけば空が高く感じられる季節になりました。秋になると、こっくりとした深い色のアイテムを取り入れたくなりますネ。例えば、臙脂色・小豆色・ボルドーはこっくりした色のひとつ。英国ウイリアム王子ご一家のカナダロイヤルツアーでもジョージ王子とシャーロット... 続きを読む

季節

2016-10-11

早めのお仕度 のすすめ

イメージ

ここ何日か涼しい日が続いています。夏お召しになったきものや浴衣はもうお手入れに出されましたでしょうか?1回お召しになっただけでもたっぷり汗をかいていますので、夏衣は必ずお手入れ(丸洗い・汗抜き・染み抜きなど)にお出し下さいね!夏衣のお手入れと同時期に、七五三のご相談... 続きを読む

行事

2016-09-21

季節を愉しむ~観月にちなんで~

イメージ

9月に入ると朝夕涼しく感じるようになり、季節が夏から秋へ向かっていることを実感いたします。街角(百貨店やス-パ-も含みます)で秋の食材や秋モチーフの和菓子、秋の草花を見かける度に【季節感のある日本の暮らし】っていいな~、と多くの方が感じているのではないでしょうか?■... 続きを読む

季節

2016-09-11

昔ながらの浴衣は地味?

イメージ

梅雨が明けたと思ったらもう7月も半ばを過ぎ、駆け足で8月に近づいているような気がする今日この頃です。皆さま、もう浴衣はお召しになられましたでしょうか?■浴衣ブームと言われる一方で、「もう何年も着ていないわ~」とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。そこでよく耳にするのが... 続きを読む

季節

2016-07-23

着物のリフォーム

イメージ

着なくなった着物を洋服や小物に作り変える、いわゆる着物のリフォームをされている方も多いと思います。わたくし個人的にはそれほど積極的になんでもかんでもリフォームをするほうではないのですが、「あの生地でアレを作ったらいいんじゃない?!」と急に思い立って作ってもらうことがありま... 続きを読む

着物遊び

2016-06-27

和の文様~市松~

イメージ

2020年の東京オリンピックとパラリンピックの新エンブレムに選ばれたのが【組市松紋】。今更ではありますが、【市松文様】とは、色の違う正方形を上下左右に敷き詰めた格子状の文様のことです。石畳文様ともいいます。江戸時代中期の歌舞伎役者 佐野川市松が舞台衣装の袴に愛用していたこと... 続きを読む

和の文様

2016-06-16

季節のモチーフ~青楓~

イメージ

新緑が目にまぶしい季節ですね!四季折々の美しいモチーフを身にまとうことができるのは、日本ならではの愉しみです。【楓文 かえでもん】色づく前の青々とした楓の葉を青楓といいます。赤く色づいた楓(紅葉)も美しいのですが、青楓の葉は,生き生きとして若々しく、みずみずしくて爽... 続きを読む

季節

2016-04-24

十三参りの季節です

イメージ

あっという間に3月も後半、卒業シーズンもそろそろ終わり。さあ次は入学式・・・とその前にもうひとつ【十三参り】があります。【十三参り】とは、数えで13歳を迎える方々が知恵と福徳を授かるように虚空蔵菩薩に参拝をする行事で、東京の浅草寺や京都の法輪寺が有名です。十三参り着... 続きを読む

行事

2016-03-23

ひな祭りにちなんだ着物あそび

イメージ

バレンタインが終わって気持ちはホワイトデーに飛んでしまっている方も多いのではないでしょうか??お忘れなく!3月3日はひな祭りです!小さな女の子のお子様がいらっしゃるご家庭なら≪お雛様ださなくっちゃ!≫とか≪今年のメニューはどうしよう?やっぱり定番の蛤のお吸い物やちらし寿司... 続きを読む

季節

2016-02-21

梅の季節です。

イメージ

1月ももう終わり・・・早いですね・・・この年末年始が例年のなく暖かかったため、梅の花が咲き始めたのもいつもより早かったような気がします。花といえば桜以前は梅のことを指していたようで、その愛らしい形や芳しい香りは歌によまれ、その独特な枝ぶりは絵巻・絵画にも描かれています。... 続きを読む

季節

2016-01-30

古い着物を着る 2

イメージ

先日、古い帯のお直しの依頼がありました。40年程前に当店にてご購入いただいて以来ご愛用いただいた袋帯の端が裂けてしまった、というものでした。裏生地も新しいものにして仕立て直しをし、見事写真のように修復完了!これからまだ数十年ご愛用いただけるようになりました!古い... 続きを読む

着物のお手入れ

2015-12-20

古い着物を着る

イメージ

着物は洋服に比べて流行がゆるやかです。(注:古くても良いものもありますし、古臭いものもあります。個人の好みにもよりますが。)また、サイズも洋服に比べてゆとりがあります。(注:着物は本来ひとりひとりに合わせて誂えるオーダーメイドです。フリーサイズではありません。)また... 続きを読む

着物のお手入れ

2015-12-05

七五三 男の子の祝い着

11月15日の七五三に向けて、お子様やお母様のご準備・お仕度が整いつつある時期ではないでしょうか?昔と比べて少なくなったとはいえ、お宮参りの時の祝い着を仕立て直して七五三に着せるご家庭もまだまだいらっしゃって、「大きくなられて、、、」と、自分のことのようにしみじみと感じており... 続きを読む

行事

2015-10-18

9月に着る着物と着るシーン

イメージ

9月9日は重陽の節句。重陽の節句は、薬用効果があるとされる季節の花・菊を愛で、邪気を払い、不老長寿を願う、江戸時代からの風習です。夏が過ぎてもまだ残暑の残る9月。「この時期に着物を着る機会ってあんまりないよね・・・?」とおっしゃる方は、この重陽の節句にちなんだ着物コー... 続きを読む

季節

2015-09-04

1件~15件(21件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
住友 律子(すみとも・りつこ)さん

きものの魅力と楽しさを、商品と着付けの両面から伝えたい(1/3)

 呉服卸商の次男である現社長が昭和44年に開業した、ちもと呉服店。当初から「しゃれたきものスタイル」「卓越した職人技と伝統美」をテーマとし、きもの販売を行ってきました。洋風アンティークの調度品を随所に取り入れた店内からも、そのこだわりが感じ...

住友律子プロに相談してみよう!

四国放送 マイベストプロ

「きものファン」の立場で、現代のきものスタイルを提案します

会社名 : ちもと呉服店
住所 : 徳島県徳島市東山手町3丁目14-3 [地図]
TEL : 088-622-7630

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-622-7630

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

住友律子(すみともりつこ)

ちもと呉服店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
名古屋帯か袋帯か?
イメージ

秋は着物を着るのにピッタリな季節ですね!気候も良いし、文化的なイベントも多いので、ぜひ着物でお出かけを...

[ コーディネート ]

季節感のある色
イメージ

天高く馬肥ゆる秋、気がつけば空が高く感じられる季節になりました。秋になると、こっくりとした深い色のアイ...

[ 季節 ]

早めのお仕度 のすすめ
イメージ

ここ何日か涼しい日が続いています。夏お召しになったきものや浴衣はもうお手入れに出されましたでしょうか?...

[ 行事 ]

季節を愉しむ~観月にちなんで~
イメージ

9月に入ると朝夕涼しく感じるようになり、季節が夏から秋へ向かっていることを実感いたします。街角(百貨店や...

[ 季節 ]

昔ながらの浴衣は地味?
イメージ

梅雨が明けたと思ったらもう7月も半ばを過ぎ、駆け足で8月に近づいているような気がする今日この頃です。皆さま...

[ 季節 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ