コラム

 公開日: 2015-05-17  最終更新日: 2015-05-22

5月後半にはどんな着物を着ればいい?

5月も半ばを過ぎると、日差しはぐんと厳しくなり汗ばむこともしばしば。
そんな時、洋服なら半袖や透ける素材のモノやサンダルなど夏と同じような装いをしても変ではありませんが、さて着物はどうでしょう?
着物の場合、5月までは裏生地を付けて(袷:あわせ仕立て)、6月は裏生地を付けない(単衣:ひとえ仕立て)で着るのが基本ルールとされてきましたが、近頃はカジュアル着に限ってはその日の気温と体調に応じて袷と単衣どちらでもOKの風潮が定着しつつあります。



裏布が付いていないので、着物の表も裏も同じ色柄。

【単衣に合わせる帯と小物】
5月6月の単衣の着物には、夏帯・夏用の帯揚げ・夏用の帯締めを合わせます。
半衿は塩瀬のままでOK、長襦袢は単衣(暑ければ夏用でもOK)。



レースのような透け感のある小物が着物姿を涼しく演出。

‘その日の気候と体調に合わせた装いを’とはいえ、ちょっと悩ましいのが着物で県外にお出かけする場合です。
徳島では5月後半に単衣OKでも、北海道や東北地方ではそうとは限りません・・・
お出かけ予定の頃の天気予報をにらみつつ、それでも迷った時には従来通り5月中は袷をお召しになると安心です。

この記事を書いたプロ

ちもと呉服店 [ホームページ]

販売職 住友律子

徳島県徳島市東山手町3丁目14-3 [地図]
TEL:088-622-7630

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
住友 律子(すみとも・りつこ)さん

きものの魅力と楽しさを、商品と着付けの両面から伝えたい(1/3)

 呉服卸商の次男である現社長が昭和44年に開業した、ちもと呉服店。当初から「しゃれたきものスタイル」「卓越した職人技と伝統美」をテーマとし、きもの販売を行ってきました。洋風アンティークの調度品を随所に取り入れた店内からも、そのこだわりが感じ...

住友律子プロに相談してみよう!

四国放送 マイベストプロ

「きものファン」の立場で、現代のきものスタイルを提案します

会社名 : ちもと呉服店
住所 : 徳島県徳島市東山手町3丁目14-3 [地図]
TEL : 088-622-7630

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-622-7630

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

住友律子(すみともりつこ)

ちもと呉服店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
名古屋帯か袋帯か?
イメージ

秋は着物を着るのにピッタリな季節ですね!気候も良いし、文化的なイベントも多いので、ぜひ着物でお出かけを...

[ コーディネート ]

季節感のある色
イメージ

天高く馬肥ゆる秋、気がつけば空が高く感じられる季節になりました。秋になると、こっくりとした深い色のアイ...

[ 季節 ]

早めのお仕度 のすすめ
イメージ

ここ何日か涼しい日が続いています。夏お召しになったきものや浴衣はもうお手入れに出されましたでしょうか?...

[ 行事 ]

季節を愉しむ~観月にちなんで~
イメージ

9月に入ると朝夕涼しく感じるようになり、季節が夏から秋へ向かっていることを実感いたします。街角(百貨店や...

[ 季節 ]

昔ながらの浴衣は地味?
イメージ

梅雨が明けたと思ったらもう7月も半ばを過ぎ、駆け足で8月に近づいているような気がする今日この頃です。皆さま...

[ 季節 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ