コラム

 公開日: 2015-10-18 

七五三 男の子の祝い着

11月15日の七五三に向けて、お子様やお母様のご準備・お仕度が整いつつある時期ではないでしょうか?
昔と比べて少なくなったとはいえ、お宮参りの時の祝い着を仕立て直して七五三に着せるご家庭もまだまだいらっしゃって、
「大きくなられて、、、」と、自分のことのようにしみじみと感じております。

何歳で七五三のお参りに行くのか、何を着せればいいのか、というお問い合わせは毎年あるのですが、
今年は、三歳の男の子の祝い着についてのお問い合わせがいくつかありました。
そのうちの一つは、
「お宮参りの時の祝い着を仕立て直すので着物は準備OK。袴は?羽織は?」という内容。

五歳の男の子は昔でいうところの≪袴着の祝≫(初めて袴を着る儀式)ですので、羽織袴を着用するのですが、
三歳は昔でいうところの≪髪置の祝≫で男女共に髪を伸ばし始めて成長を祝う儀式といわれています。
この流れを考えると、三歳の男の子は羽織も袴も着用せず着物に帯でいいのでは?と思うのです。
実際、とある老舗の子供の祝い着専門問屋さんは「三歳男児の袴と羽織は扱っていません」とおっしゃいます。
とはいえ、今の時代やはり羽織もしくは袴を着用しないで神社へお参りにいくのはちょっと・・・
と思われる方(おそらくほとんどの方がこちら)は、五歳児の小さめのサイズを購入もしくはレンタルし、肩上げ・腰上げをして着用なさるのではないでしょうか?
羽織を着用せずに着物に袴姿の方も比較的多く見られるようなのは、「せっかくの自前の着物だから羽織はなしで」というお考えなのでしょう(そのお気持ちよくわかりますし、地域性やご家族の考え方にもよります)。

何はともあれ、まだまだ体が小さい三歳児ですので、
あれこれ負担がかかることと思います。
機嫌よく気持ちよく、お祝いの一日が迎えられますよう、お祈りいたします!

この記事を書いたプロ

ちもと呉服店 [ホームページ]

販売職 住友律子

徳島県徳島市東山手町3丁目14-3 [地図]
TEL:088-622-7630

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
住友 律子(すみとも・りつこ)さん

きものの魅力と楽しさを、商品と着付けの両面から伝えたい(1/3)

 呉服卸商の次男である現社長が昭和44年に開業した、ちもと呉服店。当初から「しゃれたきものスタイル」「卓越した職人技と伝統美」をテーマとし、きもの販売を行ってきました。洋風アンティークの調度品を随所に取り入れた店内からも、そのこだわりが感じ...

住友律子プロに相談してみよう!

四国放送 マイベストプロ

「きものファン」の立場で、現代のきものスタイルを提案します

会社名 : ちもと呉服店
住所 : 徳島県徳島市東山手町3丁目14-3 [地図]
TEL : 088-622-7630

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-622-7630

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

住友律子(すみともりつこ)

ちもと呉服店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
名古屋帯か袋帯か?
イメージ

秋は着物を着るのにピッタリな季節ですね!気候も良いし、文化的なイベントも多いので、ぜひ着物でお出かけを...

[ コーディネート ]

季節感のある色
イメージ

天高く馬肥ゆる秋、気がつけば空が高く感じられる季節になりました。秋になると、こっくりとした深い色のアイ...

[ 季節 ]

早めのお仕度 のすすめ
イメージ

ここ何日か涼しい日が続いています。夏お召しになったきものや浴衣はもうお手入れに出されましたでしょうか?...

[ 行事 ]

季節を愉しむ~観月にちなんで~
イメージ

9月に入ると朝夕涼しく感じるようになり、季節が夏から秋へ向かっていることを実感いたします。街角(百貨店や...

[ 季節 ]

昔ながらの浴衣は地味?
イメージ

梅雨が明けたと思ったらもう7月も半ばを過ぎ、駆け足で8月に近づいているような気がする今日この頃です。皆さま...

[ 季節 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ