コラム

 公開日: 2016-07-16 

【相互扶助の原理から生まれた保険の考え方】

【相互扶助の原理から生まれた保険の考え方】


生命保険の原理はだれがどのように考え世の中に広めたのでしょうか?

答えは、福沢諭吉サンです。

福沢諭吉が、慶応3年ヨーロッパから持ち帰り、明治時代に入って、生命保険会社を設立したそうです。

【相互扶助】の原理を慶応3年(西暦1867年)ヨーロッパから持ち帰り、
明治時代に入って生命保険会社を設立した方です。


※相互扶助の原理 生命保険は、『一人は万人のために、万人は一人のために』という相互扶助の精神で成り立っています。


【相互扶助の原理から生まれた保険の考え方】

私たちは、死亡や災害がいつ起きるかわかりません。
また、一方、長生きした場合でも、いつまでも十分な収入があるとは限りません。
このように、私たちは、一生を通じて、常に収のバランスが崩される危険にさらされているのです。

したがって、私たちは、経済的に困らないよう、これらの危険に対して事前に十分な準備をしておくことが必要です。

万一の場合に備える方法としては、相互扶助の精神から生まれ、危険が綿密に分析・計算され、
契約成立のその日から即座に大きな保証が得られる生命保険が最も合理的です。

生命保険は、死亡や災害の場合の遺族の保障だけでなく、
病気や怪我に対する医療資金の確保や老後の生活を保障する方法としても、
また、子供の教育・結婚、住宅などの資金を確保する方法としても、ほかの準備手段にはない幅広い機能を持っていますので、私たちの家庭にとって欠かすことのできないものです。

ここに生命保険が“英知の結晶”といわれる理由があるのです。





経済という言葉を作ったのも福沢諭吉さん


そして【経済】という言葉も福沢諭吉が作ったものです。


福沢諭吉がどうやって“経済”という言葉を作ったかというと。

彼は、“エコノミー”と言う英語を漢文の中から“経世済民”と訳したのです。

そして、それを“経済”と短くしたのです。


【経済とは】
経済とは、人間が自分達の生活環境をよくするために行う活動で、
サービス・商品の生産・分配・消費・浪費などをすることによってお金を循環させること。
また、それらを通じて形成される社会関係である。


つまり、経済とは循環なのですよね。

私たちが普段行っている「物を買う」と言う行動も
立派な経済で、世の中を回していると考えると
とてもグローバルな感じがしますよね。






◆こんな方は今すぐご相談を!◆
□今加入している保険ってこれでいいのかな?
□もっと効率よくお金を貯める方法があるはず
□老後の資金作りってみんなどうしているの?
□保険に加入したいけど何から手をつけていいのか分からず放置
□赤ちゃんが生まれる

一つでもチェックがある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
↓まずはこちらからご連絡ください↓
http://www.youicon.net/mail.phtml


✽専業主婦の死亡保障の持ち方
http://mbp-tokushima.com/you-i/column/1059/

✽保険の営業さんにこんなことを言われたら 
http://mbp-tokushima.com/you-i/column/1057/

✽お金持ちになんかなりたくなーーーーい!!!
http://mbp-tokushima.com/you-i/column/1047/

✽【お金を貯めようとしてはいけない】理由
http://mbp-tokushima.com/you-i/column/1014/

✽新年には【通帳・保険証券・お金関係の書類】の整理整頓を!!!
http://mbp-tokushima.com/you-i/column/953/



♡小林 多賀子のfacebook♡お友達申請受付中
~マイベストプロを見たと言ってね~
https://www.facebook.com/takako.kobayashi2

♡ブログも執筆中♡
http://ameblo.jp/youiconsulting/

♡メルマガ登録募集しています!!♡
【生き方コーチ】小林多賀子のメルマガ
メルマガ登録はこちらまで
https://39auto.biz/youiconsulting/touroku/entryform3.htm

この記事を書いたプロ

有限会社ユウ・アイ・コンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 小林多賀子

徳島県板野郡北島町中村字樫切27-8 [地図]
TEL:088-698-2924

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載
イメージ

徳島新聞にセミナーの様子が掲載されました

youtube

・女性向けセミナーを始めたキッカケ・セミナーの内容などなど、5分近くもしゃべっております。

 
このプロの紹介記事
小林 多賀子(こばやし・たかこ)さん

女性たちの豊かな未来を切り拓く、保険代理のスペシャリスト(1/3)

「自分には本当に保険が必要なのか?」「どのような金額やプランが妥当なのか?」…。生命保険や医療保険、がん保険、年金保険など、多種多様な保険商品が並ぶ中、何を手掛かりに保険を選べば良いのかが分からない人も多いのではないでしょうか。そんな私たち...

小林多賀子プロに相談してみよう!

四国放送 マイベストプロ

女性たちの保険選びや、今後の人生設計をサポートします。

会社名 : 有限会社ユウ・アイ・コンサルティング
住所 : 徳島県板野郡北島町中村字樫切27-8 [地図]
TEL : 088-698-2924

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-698-2924

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林多賀子(こばやしたかこ)

有限会社ユウ・アイ・コンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
女性のためのマネー&保険セミナー 募集スタートしました!!
イメージ

【2015年2月開催】女性のためのマネー&保険セミナー 募集スタートしました!!テーマ ・2...

[ 保険について ]

【新春財布】※こんな財布は注意です!!
イメージ

【新春財布】今日はファイナンシャルプランナーの視点から、お財布について語りたいと思います。「名は体...

保険は入口(加入)より出口(もらうとき)の方が大切です
イメージ

 あなたが加入している保険は あなたが加入している保険は給付の時はどこに連絡をし誰がどんな風に対応して...

[ 保険について ]

保険に入る前に知っておくこと【遺族年金】
イメージ

 公的保障を知る 保険を考える前に、【公的保障】を知りましょう。民間の保険は、『公的保障で不足して...

[ 保険について ]

ファイナンシャルプランナーとして掲載されました!!
イメージ

Geen6月号の「プロに聞く!」コーナーにファイナンシャルプランナーとして、掲載されました~(´∀`)...

[ 今日のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ